『コピックアワード2024』審査員による特別インタビュー連載スタート!

ニュース
記事内に広告が含まれています。

株式会社トゥーマーカープロダクツ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:石井剛太)は、2024年5月15日(水)より『コピックアワード2024』審査員による特別インタビューの連載を開始します。このインタビューでは、豪華なクリエイターたちによる熱いメッセージが順次公開されます。

第一弾:画家・落合翔平氏のインタビュー

公開URL: 特別インタビュー: 落合翔平氏

落合翔平氏は、ファレル・ウィリアムスが主催するデジタルオークションハウス「JOOPITER」に作品を提供するなど、国内外で活躍する画家です。大学のプロダクトデザインの授業でコピック製品を使い始め、その後も自身の制作に取り入れており、コピックユーザーならではの視点で審査を行います。

今後のインタビュー予定

  • 第二弾: 根津孝太氏(デザイナー) – 5月18日(土)
  • 第三弾: 箭内道彦氏(クリエイティブディレクター) – 5月21日(火)
  • 第四弾: 中村佑介氏(イラストレーター) – 5月25日(土)
  • 第五弾: 板垣巴留氏(漫画家) – 5月28日(火)

『コピックアワード2024』について

コピックアワードは「世界中のコピックユーザーとつながる」をコンセプトに、ウェブ上で作品を募集するコンテストです。2023年の開催では、82カ国から3,900点を超える応募作品が集まりました。誰でも無料で参加でき、審査員には長年コピックを愛用する豪華なクリエイターたちが名を連ねています。

審査員紹介

  • 板垣巴留氏 (漫画家): 『BEASTARS』などで知られる漫画家。
  • 落合翔平氏 (画家): デジタルオークションハウス「JOOPITER」に作品を提供する画家。
  • 中村佑介氏 (イラストレーター): ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや『夜は短し歩けよ乙女』のカバーを手がけるイラストレーター。
  • 根津孝太氏 (デザイナー): トヨタのコンセプトカーや家族型ロボットLOVOTをデザイン。
  • 箭内道彦氏 (クリエイティブディレクター): 「NO MUSIC, NO LIFE.」キャンペーンなどを手がける。

コピックアワード2024の賞

グランプリ受賞者には賞金3,000USドル、コピックスケッチ全色(358色)、記念トロフィーが贈呈されます。また、19歳未満の応募者を対象とした特別賞「次世代アーティスト賞」が100点選ばれるなど、多くの方に受賞の機会が設けられています。

詳細URL: コピックアワード2024

コピックについて

コピックは1987年から発売され、現在世界70カ国以上で販売されているアルコールマーカー製品を代表とするブランドです。358色の豊富なカラーバリエーションと品質の高さで、デザイン、イラスト、漫画、クラフトなど様々な分野で利用されています。

会社概要

  • 社名: 株式会社トゥーマーカープロダクツ
  • 所在地: 東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル
  • 代表者: 代表取締役社長 石井剛太
  • 設立: 1989年10月6日
  • 資本金: 1,600万円
  • 事業内容: 描画用マーカーの製造・販売、デザイン材料、画材、文具、雑貨の販売など
  • URL: コピック公式サイト

ぜひ、この貴重なインタビューをお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました