株式会社KADOKAWAは、伊藤亜和による初のエッセイ集『存在の耐えられない愛おしさ』を2024年6月14日に刊行することを発表しました。この書籍は、彼女のnote記事「パパと私」がSNSで話題となり、注目を集めたことを受けてのものです。

ニュース
記事内に広告が含まれています。

このエッセイ集は、淡々とした語り口で様々なテーマを綴っており、読者に新たな解像度を提供します。伊藤亜和のフィルターを通じて見える世界に触れ、家族や人間、愛についての考えを深めることができます。

著者の伊藤亜和は、横浜市生まれの文筆家であり、学習院大学文学部フランス語圏文化学科を卒業しました。彼女の作品は、SNSや各種媒体で高い評価を受けており、多くの読者に支持されています。

伊藤亜和|note
亜細亜の平和。初孫。主に昔話や日記を書きます。

『存在の耐えられない愛おしさ』は、1500円(税別)、240ページの予定で、ISBNコードは9784049157796です。彼女の初の著書となるこのエッセイ集には、彼女が出会った人々や家族、そして愛についての想いが込められています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました