河原資起選手が、現地時間2024年4月19日にサウジアラビアのリヤドで開催されたカデ世界選手権(個人)で銅メダルを獲得しました!この快挙は男子サーブルでのカデ世界選手権メダル獲得としては、日本のフェンシング界における初の偉業です。

ニュース
記事内に広告が含まれています。

河原選手は準々決勝でSIBILLO選手(イタリア)に15対9で勝利し、準決勝ではURAKBOEV選手(ウズベキスタン)に14対15で惜敗しましたが、見事に銅メダルを獲得しました。このメダル獲得は、国際大会における河原選手の初めての快挙となります。

河原選手はコメントで、今大会が自身にとって最後のカデカテゴリでの世界選手権出場であり、過去2回の出場では望むような成績を残せなかったことから、今大会にはより覚悟を持って臨んだと述べています。そして、この成果は自身の努力だけでなく、支えてくれた方々のおかげであることを感謝し、今後もジュニアカテゴリでの勝利を目指して努力を続けると語っています。

フェンシングファンにとって、河原選手の活躍は大きな喜びとなります。今後の彼の更なる活躍に期待が寄せられます。

Fencing Time Live
Fencing Time Live Results

コメント

タイトルとURLをコピーしました