AERAが、新たにオープンする東急プラザ原宿「ハラカド」2階の雑誌の図書館「COVER」で、「週刊誌『AERA』 presents 雑誌のつくりかた 大解剖展」を開催します。展示では、AERAの魅力や雑誌が作られるまでのプロセスを垣間見ることができます。特に、AERAの表紙は著名なフォトグラファー・蜷川実花によって撮影されることで知られています。会場では、BTSのJIMIN、羽生結弦、BE:FIRST、北山宏光、INIの表紙撮影のメイキング動画も公開されます。

ニュース
記事内に広告が含まれています。

AERAは1988年に創刊し、通巻2000号を超えるニュース週刊誌です。この展示では、AERAの編集部員や関係者がどのように雑誌を作り上げているかを紹介します。また、歴代の表紙や、雑誌作りの裏側で起こる様々な出来事も公開されます。

展示会場は、日本出版販売株式会社の子会社である株式会社ひらくがプロデュースする雑誌の図書館「COVER」です。COVERは、出版社の枠を超えた新しい雑誌文化の発信拠点として注目されています。この展示は、COVERとAERAの共鳴から実現したものであり、雑誌文化の現状を知る貴重な機会となるでしょう。

展示の概要は以下の通りです:

  • 期間:2024年4月17日(水)〜23日(火)(土日を除く)
  • 時間:11:00〜21:00(20日と21日は17:00〜21:00)
  • 場所:東急プラザ原宿「ハラカド」2階「COVER」(東京都渋谷区神宮前六丁目31番21号)
  • 入場:無料

展示内容には、AERAの雑誌作りのプロセスや表紙撮影のメイキング動画、歴史的な号の実物展示、さらにはAERAの表紙になれるミラーフォトスポットなどが含まれています。ぜひこの機会に足を運んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました