僕が見たかった青空のワンマンライブVol. 0.5 レポート

ニュース

2024年3月20日、東京・YAMANOHALLにて「僕が見たかった青空」のグループとして2回目のワンマンライブが開催されました。このライブでは、グループの結成1周年を記念し、全12曲がパフォーマンスされました。

ライブのハイライト

OVERTUREの刷新と幕開け

ライブは新たなOVERTUREからスタートし、さわやかで疾走感のある曲で会場が盛り上がりました。開始から会場は熱気に包まれ、制服のパラシュートでスタートしました。

初披露曲「暗闇の哲学者」と「真っ白に塗り直せ!」

今回のライブでは、2ndシングル「卒業まで」に収録されている「暗闇の哲学者」と「真っ白に塗り直せ!」が初披露されました。八木仁愛がセンターを務める「暗闇の哲学者」は、青春時代の葛藤や未来への希望を表現した楽曲で、会場を圧倒しました。また、吉本此那がセンターを務める「真っ白に塗り直せ!」は、未来への勇気を与える曲で、観客を魅了しました。

MCパートでの季節ならではのエピソードトーク

MCパートでは、メンバーが卒業式シーズンの思い出やエピソードを披露しました。会場は温かい雰囲気に包まれ、メンバー同士の絆が感じられました。

乃木坂46のカバー曲「何度目の青空か?」の披露

アンコールでは、乃木坂46の楽曲「何度目の青空か?」をカバーし、会場はどよめきました。公式ライバルへのリスペクトを示す一面も見られました。

Zepp DiverCityでの結成1周年記念ライブ開催の発表

ライブの最後には、結成1周年を記念したライブ「僕が見たかった青空 結成1周年記念 僕が観たかったワンマンライブvol.1」の開催が発表され、会場は歓声に包まれました。ファンクラブ会員向けの先行受付も行われる予定です。

ライブ詳細情報

  • 日程: 2024年6月22日(土)
  • 会場: Zepp DiverCity TOKYO
  • チケット発売: FC1次先行受付:2024年4月5日(金)正午12:00〜予定

セットリスト

  1. 制服のパラシュート
  2. 思い出尻切れとんぼ
  3. 好きになりなさい
  4. 青空について考える
  5. 暗闇の哲学者
  6. 真っ白に塗り直せ!
  7. 制服のマネキン
  8. 卒業まで
  9. 君のための歌
  10. 飛ばなかった紙飛行機
  11. 何度目の青空か?(乃木坂46カバー)
  12. 好きになりなさい(ALLver)

僕が見たかった青空について

「僕が見たかった青空」は2023年6月に結成され、応募者35,678名の中から選ばれた23名がデビューしました。公式ライバルとして活動し、多くのファンに支持されています。

Ligareaz Managementについて

株式会社 Ligareaz Managementは所属アーティストの運営・管理や音楽著作物の利用開発、劇場及び興行場の運営及び企画などを行って

僕が見たかった青空
「僕が見たかった青空」のオフィシャルサイト。乃木坂46公式ライバルオーディションで結成されたアイドルグループ。ファンクラブ入会受付中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました