新幹線のテレホンカード自動販売機がレプリカとして登場!

ニュース

2024年2月19日(月)より、株式会社JR東海リテイリング・プラスが公式通販サイト「JR-PLUSオンラインショップ」にて、新幹線のテレホンカード自動販売機を販売します。このテレホンカード自動販売機は、かつて新幹線車内に設置されていたもののレプリカであり、懐かしいデザインのテレホンカードと、車両を記した証明書が付属します。

新幹線のテレホンカード自動販売機の特徴

東海道新幹線では、1965年から公衆電話を車内に設置し、テレホンカードの普及に伴い、テレホンカード自動販売機も設置されました。車内のデッキ部分などに設置されていたこの自動販売機は、新幹線の車両がデザインされたテレホンカードを販売していました。しかし、携帯電話の普及により、列車公衆電話サービスは2021年6月30日で終了しました。

販売するテレホンカード自動販売機について

販売するテレホンカード自動販売機は、JR東海の0系、100系・300系・700系・N700系の5種類の新幹線車両に設置されていました。テレホンカードのレプリカを挿入する「窓」が特徴的であり、様々な時代のテレホンカード自動販売機の姿を再現できます。

テレホンカードのレプリカや証明書が付属

商品には、新幹線100系・300系・700系などがデザインされた8種類のテレホンカードのレプリカ(紙製)と、販売されていたN700系の車両を記した証明書が付属します。

商品詳細

  • 商品名:東海道新幹線車内搭載 テレホンカード自動販売機
  • サイズ:たて約43.5cm×よこ約17cm×奥行き約32cm
  • 重量:約15.3kg
  • 販売価格:29,800円(税込)※送料込み
  • 発売日時:2024年2月19日(月)10:00
  • 販売台数:20台
  • 販売箇所:JR-PLUS オンラインショップ( https://www.jrcp-shop.jp/ )

注意事項

  • 本商品は中古品であり、キズや汚れ、テープの貼付などが見られる場合があります。
  • ICカードは付属しておらず、動作保証はありません。
  • 車両から取り外された状態をなるべく保持して発送されます。
  • 別商品との同時購入はご遠慮ください。
  • 他箇所でも販売される場合があります。

新幹線のテレホンカード自動販売機のレプリカは、懐かしい思い出を楽しむのに最適です。数量に限りがあるため、興味のある方は早めにチェックしてみてください。

500 Internal Server Error

コメント

タイトルとURLをコピーしました